ニュース

2024.05.16 NEWS

【5月15日ウェビナー資料を公開】 現場導入実績400拠点以上!トラック予約受付システムを30分で徹底解説

5月15日に実施いたしましたウェビナー『現場導入実績400拠点以上!トラック予約受付システムを30分で徹底解説』の資料を公開いたします。
こちらのリンクよりご確認いただけます。
https://krs.bz/tsunagute/m?f=4

ぜひご覧ください。

<概要>
「2024年問題」の具体的な解決策として注目されるトラック予約受付システム。
telesa-reserve(テレサリザーブ)は、来場ルールを予約制にすることにより、車両の来場時間の平準化とバース混雑の解消、来場予定や荷待ち車両の可視化を実現し、物流業務の効率化を支援します。
導入によって輸配送の効率化が推進され、車両の待ち時間の削減が可能になります。
また、現在車両の待機が発生していない物流拠点ても、トラックの稼働率上昇やドライバーの労働環境の改善、倉庫内の作業効率改善、良好な周辺環境の確保も実現できます。

本セミナーでは、これまで400以上の拠点に導入されているtelesa-reserveについて、基本から活用事例までを30分でご紹介いたします。

「2024年問題に対して、何から対応を始めればいいのかわからない」
「トラック予約受付システム導入で本当に効果が出るのかわからない」
「現場運用を変えるのは難しいのでは?」
「いくらで導入できるの?」
など、皆様のお悩みにお応えします。