News
お知らせ
2021.04.12 NEWS

入出荷予約受付サービス telesa-reserveに遠隔地からの入場受付とドライバーの健康状態を記録できる2つの機能をリリース。新型コロナの体調管理にも活用可能。

入出荷予約受付サービス「telesa-reserve(テレサリザーブ)」の新機能として、遠隔受付とドライバーの健康状態を記録できる機能をリリースいたしました。

・サービス概要

・ドライバーがモバイルから操作することで、遠隔地から到着を知らせることができるようになりました。
・ドライバーが物流センターに来場時の体調を記録できるようになりました。

・サービス導入メリット

・(遠隔受付)従来ドライバーは物流センター到着後に受付のタブレットへ到着を入力する必要がありましたが、本機能により受付へ寄らずとも駐車場などから到着を知らせることができるようになりました。これにより、到着後にトラックから降りずにバース接車し、作業を開始できるようになります。
・(衛生管理)工場などドライバーの衛生管理が必要となる拠点では、到着時に体調を受付簿に記入する必要がありましたが、本機能によりバース予約の受付と同時に体調記録ができるようになり、受付簿の記入が不要となりました。また、工場の管理者は、会社名、氏名、作業開始・終了時間等に加えてドライバーの体調も同時にシステムで履歴管理できるようになりました。

・入出荷予約受付サービス「telesa-reserve(テレサリザーブ)」について

「ホワイト物流」推進運動の推奨項目として挙げられるトラック予約受付を実現するサービスです。
物流施設における入出荷情報がオンラインで管理できるようになる仕組みです。
車両の入退場と荷物情報の見える化・共有化により、庫内作業の効率化とトラック待機時間の削減、良好な周辺環境確保に寄与するサービスです。

  • サービス紹介ページ:https://www.tsunagute.co.jp/reserve/
  • 導入事例はこちら:https://www.lo-zine.net/team/
  • まずはお気軽に
    お問い合わせください